FX投資で重要とされるチャートの役割

FXで勝つ為に!チャートから読み取る成功術

取引通貨の選択

FXは言ってしまえば人対人の心理戦。 この値段で売りたいという人もいればこの値段で買いたいという人もおり、前者であればより高い値段で後者であればより安い値段でと考えます。 しかし欲を欠いては大損必須。 相手がどこまで乗ってくるか見極めなければなりません。

チャートを武器にする

FX取引をする上で絶対に欠かせないのが一見ただのグラフに見えるようで実は情報が沢山詰まっているチャート。 過去の傾向を理解することで未来予測の参考にすることが可能になります。 一体どこに注目するべきなのか把握しているのといないのでは大違いです。

相手の心を読む

FXでいうチャートとは過去の為替レートをグラフ化したものです。
パッと見ただけでどのタイミングで下がり、どのタイミングで上がったかを簡単に知ることが出来ます。
勿論例外もありますが為替レートは過去の動きと酷似した動きを見せることもあるのでチャートを分析することでその中で一定の法則性を見出すことが出来ることがあります。
これらは初心者だけでなくFX上級者であっても同様、何の根拠もない勘だけが頼りな取引よりデータを元にした予測の上での取引の方が勝率は上がるので当然ですね。

他にもチャートと併せて注目しなければならないポイントがあります。
それは国内外の経済ニュースです。
特に海外の経済動向は重要で何らかの不測の事態が起きた時、比較的安定している日本がリスク回避の避難先となっている為、日本円で取引をする場合は国内よりも国外の情勢によって左右されてしまいます。
日本円はドルのように世界の基軸通貨とは程遠いですが取引量は世界で第三位という点からも海外勢からもその安定差が評価されていることが窺い知れます。

また世界の基軸通貨である以上、ドルはアメリカの情勢がそのまま反映されてしまう点は気になりますが有事の際にはドルを買っておけば間違いないと言われており日本円同様リスク回避の避難先となっています。
その他にも取引量も世界第一位となっている為、出回る情報が多く上級者は勿論、初心者でも豊富なデータを仕入れることが出来ます。

トレンドの把握で利益を得る

FX取引を有利に進めるには今現在の流れを掴む必要があります。 上昇トレンドなのに下降トレンドもしくは逆のパターンと勘違いしてしまえば利益は遠のくばかりでいつまで経っても勝ちは見えてきません。 とにかく勝つ上でトレンドを見誤らないことが何よりの前提条件となります。

TOPへ戻る